施工の流れ

  • ホーム
  • こんな会社です
  • 塗装工事のココが重要
  • 価格について
  • 施工実績
  • お客様の声
  • 施工の流れ
  • お問い合わせ
  • HOME
  • 施工の流れ

施工の流れ

1足場架設

足場架設
まずは、塗装をする為の足場をしっかりと安全にかけていきます。足場を組んだら、次はご近所に塗料が飛び散らないように、ネットで足場を覆います。足場を組立てる時は、お客様の家だけでなく、お隣の家にも傷をつけないように、そして仲間の職人が作業しやすいように、高さにも注意しながら組んでいきます。

2高圧洗浄

高圧洗浄
足場を組んだら次は洗浄です。屋根から外壁までキレイに洗います。ただの水洗いではありません。ジェットのような高圧のシャワーで一気に汚れを流します。見ているだけでも気持ちいいです。スミズミまで汚れを落とすようにしています。

3ヒビ割れ補修、コーキング補修

ヒビ割れ補修、コーキング補修
モルタル外壁の場合クラック(ヒビ割れ)への対処が必須です。大きなクラックがある場合はパテでヒビを埋めます。小さなヒビ割れはパテで埋めなくても弾力性のある塗料で塗装することで十分です。サイディング外壁の場合はコーキングへの対処が重要なポイントです。今あるコーキングを剥がして新しく打ち替える工法と、剥がさずに上から増し打ちする工法があります。

4養生

養生
窓など、塗らない部分に塗料がつかないように、ビニールなどで覆っていきます。

5外壁の下塗り

外壁の下塗り
ベースとなる下塗りの塗料は最終仕上げの塗料に対応しているものを選びます。たいていは同じメーカーの同じシリーズの塗料で塗装します。

6外壁の中塗り

外壁の中塗り
現在の外壁塗装は下塗り1回+上塗り2回とする塗料が一般的です。上塗り1回目を「中塗り」と言うこともあります。この中塗りの色を仕上げ色と違う色にすると3回の塗装であることが分かりやすくなります。

7外壁の上塗り

外壁の上塗り
基本的には中塗りと同じものを塗ります。これが最終の仕上げ色となります。同時に木部や鉄部を塗装する場合、飛んだり跳ねたりすることがあるので、その手直しのために仕上げ色は最後まで残しておきます

8外壁塗装用の養生を撤去し、木部・鉄部塗装用の養生

外壁塗装用の養生を撤去し、木部・鉄部塗装用の養生をします
次に、外壁塗装用の養生を撤去して、木部・鉄部塗装用の養生を行ないます。外壁塗装用と同じように木部・鉄部塗装用の養生も塗らない部分に塗料がつかないように、ビニールなどで覆っていきます。

6木部・鉄部のケレン

外壁の中塗り
木部・鉄部のケレンを隅々まで行います。傷んでいる部分の補修作業も大切になります。

10木部・鉄部の下塗り

木部・鉄部の下塗り
木部には木部下塗り専用の塗料で、鉄部には専用の錆止め塗料で下塗りを行います。

11木部・鉄部の上塗り

木部・鉄部の上塗り
木部・鉄部の仕上げ塗装です。基本的には外壁と同じく下塗り1回+上塗り2回の指示をする塗料が多いのですが、外壁の塗り替え周期(約10年ほど)に合わせて塗り替えを行う方も多く、その場合は木部と鉄部の傷みはかなり進行していることがあります。次の塗り替えも外壁に合わせるのであれば、カタログ通りの塗装ではとうてい10年耐久させるのは無理です。日本リフレではこういったケースでは下塗りを2回行ったり上塗りを3回4回もしくはそれ以上塗装することで対処しています。(※状況に応じて)

10養生撤去

養生を撤去します
木部・鉄部の上塗りを完成させて、養生を撤去します。

13チェック

チェック
念入りに作業しているつもりでも、光や影、立ち位置によって最終チェックで塗り残しを発見することも少なくありません。
足場を解体してからでは遅いので、現場責任の職人が念入りに最終チェックを行います。

10足場を解体

足場を解体
完了までのあいだ、洗濯にも不自由をかけ、足場で窮屈感を感じさせてしまいますが、足場が解体されると、最高の仕上がりによって、お家の表情が変わります。

15清掃

清掃
最後にキレイに清掃します。捨てるのに困っていた不用品など相談していただくことも可能です。

お気軽にお問合わせください、私たちが対応します
対応エリア
  • 横浜市|
  • 川崎市|
  • 町田市|
  • 多摩市
  • 狛江市|
  • 調布市|
  • 稲城市|
  • 府中市

対応エリア
横浜市 | 大和市 | 川崎市 | 町田市 多摩市 | 狛江市 | 調布市 | 府中市 | 稲城市
  • 横浜市|
  • 大和市|
  • 川崎市
  • 町田市|
  • 多摩市|
  • 狛江市
  • 調布市|
  • 府中市|
  • 稲城市